開店祝いに華やかなフラワースタンドを発送|サプライズなお祝い

ギフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

守るべきマナー

ウーマン

日本の風習として、さまざまなシーンにおいてギフトを頂いたときにはお返しとなるギフトを贈ることとされています。お返しとなるものは内祝いと呼ばれ、新築内祝いを贈る際にはなるべく相手に失礼とならないよう、正しいマナーを守ることが重要だとされています。案外知られていない、新築内祝いのマナーの一つには金額が挙げられます。相手から頂いたギフトよりも高い品を選ぶことはマナー違反だとされています。その理由は、相手よりもこちらは高い品を用意できるのだという印象を与えてしまうからです。できることなら、新築内祝いとするものは、頂いたギフトの半額から3分の2程度の金額に抑えましょう。

新築内祝いは、親しい家族や友人であってもしっかりのし袋を貼り付けることが重要です。のし袋を貼り付けることで、きちんとした贈答品であることを証明できるでしょう。通販サイトから注文できる新築内祝いにはのし袋にオリジナル性をもたせる為、思い入れのある写真などをプリントするサービスが提供されています。スタンダードなのし袋よりもその印象は明るく、受け取る側にとっても面白みのある新築内祝いになると言えます。

のし袋の他には、お礼を自分の言葉でまとめたメッセージカードを添えるとさらに喜ばれます。メッセージカードの有無はマナーとして絶対となる決まりはありませんが、あるとないとでは相手に与える印象が大きく異なるものです。メッセージカードを大人数に手書きすることが困難というときには、業者によるプリントサービスを利用しましょう。のし袋同様に、メッセージカードも併せてプリントしてもらえるのです。